マンションのリノベーションでできないことはある?

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/23

マンションのリノベーション

新築マンションや注文住宅に比べて手が届きやすく、理想の間取りにできる、中古マンションのリノベーション。これからマンションのリノベーションを考えている方も多いでしょう。しかし、実はマンションのリノベーションは、完全自由ではありません。この記事では、マンションのリノベーションでできることとできないことを解説します。

マンションのリノベーションは自由ではない?

中古マンションを購入したからといって、完全自由にリノベーションできるわけではありません。マンションは集合住宅のため、エントランスや廊下など、ほかの住人との共用部分があります。

共用部分がリノベーションできないのは、当然理解していることでしょう。リノベーションできるのは、購入した各戸の部屋です。

ただし、購入した部屋であっても、マンションによって管理規約が定められており、リノベーションでできることとできないことがあります。

リノベーションでできること

まずは、マンションのリノベーションでできることを見ていきましょう。

間取りの変更

マンションの構造に支障がなければ、間取りは自由に変更できます。ただし、構造によって、撤去できない壁や柱もあります。

内装の変更

壁紙、床材、天井の仕上げ材などの内装は自由に変更できます。壁紙を張り替えたり、違う色に塗装をしたりすれば、ガラッと室内の雰囲気を変えられます。

コンセント・スイッチの移動、増設

間取りや内装の変更にともない、コンセントやスイッチの移動や増設ができます。コンセントやスイッチの位置は、リノベーションのときは見逃しがちですが、生活動線にも影響する大切な部分です。

ライフスタイルに合わせて、使いやすい位置に移動したり、増設したりしましょう。

天井の高さの変更

コンクリートの内側までであれば、天井の高さを変更できます。天井を高くすることで、より開放感のある部屋にできるでしょう。

内窓の取り付け

窓や窓サッシはマンションの共有部分になるため変更はできませんが、内窓の取り付けなら可能です。

水周り設備の交換

キッチンやトイレ、浴室、洗面所などの水周り設備は、丸ごと交換できます。お気に入りの最新型の設備にできるだけでなく、構造や規約に問題がなければ、サイズアップできることもあります。

断熱・耐震工事

リノベーションは建物の構造自体は変えられないため、大規模な断熱工事や耐震工事はできません。しかし、壁や天井の仕上げ材と構造との間に、断熱材や耐震合板を足す工事ならできます。

築年数の古いマンションの場合は、最近のマンションより断熱性や耐震性が弱いところもあるため、こういった断熱工事や耐震工事がおすすめです。

バリアフリーへの変更

床の段差をなくしたり、ドアを引き戸に変更したりするなど、バリアフリーへの変更が可能です。内容によっては介護保険が適用されることもあるので、バリアフリー工事をしたい場合は、介護保険についても事前に確認しておきましょう。

リノベーションでできないこと

ここからは、マンションのリノベーションでできないことを見ていきましょう。

玄関ドアの変更

玄関ドアは、マンションの共用部分に含まれています。そのため、玄関ドアの変更はできません。ただし、玄関ドアの内側であれば、塗装のみ可能です。

給排水管やガス管の移動

給排水管やガス管も、マンションの共用部分です。そのため、間取りの変更にともなった移動はできません。

バルコニーの変更

バルコニーも、マンションの共用部分になります。マンションの外観をイメージすると、確かにバルコニーはどの部屋も同じですよね。そのため、バルコニーの増改築といった変更はできません。

給湯器の移動や、容量の変更

給湯器の移動や容量の変更はできません。給湯器が古いなどの理由で、同じタイプの給湯器や、同じ容量の給湯器なら交換が可能です。

電気容量の変更

電気容量は、マンション1戸あたりの上限が決まっています。そのため、電気容量を増やすことは難しいでしょう。

また、リノベーション前と後でも電気容量の上限は変わらないため、リノベーションでガスコンロからIHへの変更を考えている方は注意してください。

勝手な工事はトラブルのもとなので要注意!

マンションをリノベーションするときは、必ず管理会社に許可を取りましょう。勝手にリノベーション工事をすることは絶対に許されません。また、許可を取る前は必ず管理規約を確認してください。

そしてもう一つ大切なのが、近隣住民の方への挨拶です。リノベーションは大規模な工事となるため、業者が出入りをしたり、大きな音を立てたりします。

何も言わずにリノベーション工事が始まってしまうと、近隣住民の方からクレームが入ることも珍しくありません。必ず近隣住民の方へ挨拶をし、リノベーション工事について伝えましょう。

まとめ

中古マンションのリノベーションでできることと、できないことをお伝えしました。注文住宅よりも価格を抑えられ、さらに理想の間取りにできるマンションのリノベーションは、非常に魅力的です。

しかし、中古マンションのリノベーションは、注文住宅のように完全自由設計ができるわけではありません。そのため、必ず事前にマンションの管理規約を確認し、できるリノベーションを行いましょう。また、管理会社への許可や近隣住民の方への挨拶も忘れないでください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

最近人気を集めている、中古マンションのリノベーション。理想の間取りにできる上に、新築マンションや注文住宅よりもコストを抑えられるのが大きな魅力です。そんなリノベーションでは間取りや設備に目が
続きを読む
新築マンションや注文住宅に比べて手が届きやすく、理想の間取りにできる、中古マンションのリノベーション。これからマンションのリノベーションを考えている方も多いでしょう。しかし、実はマンションの
続きを読む
「新築マンションを購入したいけど予算が厳しい」「マンションがいいけど好きな間取りにしたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。そこで最近注目されているのが、中古マンションのリノベーショ
続きを読む