マンションのリノベーションで間取り変更は可能?

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/05/17


リノベーションは既存の物件に新しい機能や価値を付加でき、ライフスタイルに合った住まいづくりが実現できます。マンションで生活していくうちに、リノベーションを検討している人もいるのではないでしょうか。今回はマンションのリノベーションについてまとめました。また、リノベーションプランや注意点も紹介します。

間取りの変更が自由にできるかは構造による

マンションのリノベーションをするとき、構造によって間取りを変更しやすいものとしにくいものがあります。マンションで採用されている構造は、大きく分けてラーメン構造と壁式構造の二つです。

一般的に、ラーメン構造は間取りを変更しやすく、壁式構造は間取りを変更しにくいといわれています。それぞれの特徴を見ていきましょう。

■ラーメン構造

ラーメンと聞くと食べ物を想像する人もいるかもしれませんが、ここでいうラーメン構造のラーメンは食べ物ではありません。ドイツ語の「rahmen」に由来するもので、枠や額縁を意味します。

ラーメン構造は、柱や梁で建物を支えている構造をいいます。柱や梁の接合部を一体化させ、頑丈な枠を形成しているのが特徴的です。柱や梁が支えになっているため、部屋の中に動かせない耐力壁ができません。そのため、自由な空間づくりが可能。リノベーション向きの構造といえるでしょう。

■壁式構造

壁式構造は壁で建物を支える構造をいいます。天井や床を1枚ずつと、壁を4枚の計6枚でつくられるのが特徴です。壁式構造は壁で構成されるため、室内に出っ張りがなくスッキリした空間づくりが叶います。とはいえ、建物を支える壁を取り除くのは難しいです。壁式構造はラーメン構造と比べると、間取り変更の自由度が低くリノベーションには不向きの構造といえるでしょう。

広告にはマンションの構造まで記載がないのがほとんどです。購入を検討しているマンションの構造を見極めるなら、間取り図を見てみましょう。ラーメン構造なら柱や梁が出っ張っていて、壁式構造なら出っ張りがありません。また、壁式構造は中高層の建物には向いていません。そのため、5階以下のマンションでは壁式構造が採用されている場合が多いです。

どんなリノベーションプランが人気なのか

マンションのリノベーションで人気のプランを3つ紹介します。既存のマンションにリノベーションを加えて、家族が快適に暮らせる空間づくりをしましょう。

■部屋の仕切りをなくす

部屋の仕切りをなくすと、広々とした空間をつくれます。部屋を仕切っている壁や扉をなくすと、移動範囲が広がり便利です。また、小さな子どもや高齢者と一緒に暮らす際、常に保護者や介護者の目の届く範囲にいるため、安全性が高まります。

■キッチンを開放的にする

キッチンが狭いと料理をしにくく不便に感じる人もいるでしょう。壁付けキッチンをL字型キッチンやアイランドキッチンにすると開放的な空間づくりができます。

また、L字型キッチンやアイランドキッチンなら、リビングを見渡しながら料理をするのが可能です。小さな子どもがリビングで遊んでいても、目が届くため安心して料理ができます。

■収納を充実させる

収納を充実させると生活の質がぐっと向上します。特に、昔ながらの押し入れをウォークインクローゼットに変更するプランが人気です。押し入れは奥にものをしまってしまうと、必要なときに取りにくくなります。

また、湿気がたまりやすいのも難点です。日ごろから換気をしないとカビが発生しやすく、収納していた衣類や寝具にカビがついてしまう心配もあります。ウォークインクローゼットは押し入れに比べ、奥行きがないものが多いです。そのため、一度しまったものを取り出すのに苦労が少ないでしょう。

間取りの変更時に大切にしたいこと

マンションの間取りを変更するとき、大切にしたいのは変更できないと思い込まないことです。間取り変更が難しい構造のマンションもあり、すべてが思い通りに変更できるとは限りません。しかし、最初から間取りの変更はできないと諦めてしまうのはもったいないです。

間取り変更の自由度が低い壁式構造であっても、リノベーションができないわけではありません。制限を活かして、理想に近い空間づくりを叶えられます。マンションで間取りを変更するのは難しいと思い込まず、暮らしていくうちに不便さを感じたらリノベーションを検討すると良いでしょう。

もし、マンションの間取り変更に悩んだら、専門の業者に相談するのをおすすめします。マンション全体の構造や既存の間取りを見た上で、専門家の目線から的確なアドバイスをもらえるでしょう。また、リノベーションは費用が高額になる傾向があります。予算決めもしっかり行いましょう。業者に相談する際は、理想の間取りや空間、予算を明確にしてから相談すると良いです。

 

マンションでもリノベーションで間取り変更は可能です。しかし、マンションの構造によって間取り変更をする際の自由度は異なります。購入前にリノベーションを検討しているなら、間取り図を見せてもらいましょう。また、リノベーションを検討するなら、最初から間取り変更は難しいと思い込むのは辞めましょう。間取り変更で悩んだり不安に思ったりしたら、専門業者に相談するのがおすすめです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

マンションに住んでいて、火災が発生したらどうなるのか心配に思っている方もいるのではないでしょうか。マンションで火災が起こると逃げ遅れなど特有のリスクがあるため、住む側も必ず対策を考えておく必
続きを読む
リノベーションは既存の物件に新しい機能や価値を付加でき、ライフスタイルに合った住まいづくりが実現できます。マンションで生活していくうちに、リノベーションを検討している人もいるのではないでしょ
続きを読む
高齢になると住まいの中の小さな段差も不便に感じ、リノベーションを検討する方は多いです。今回は、マンションのバリアフリー化やバリアフリーのためのマンション選びで確認したいことをまとめました。快
続きを読む