憧れのパントリーが欲しい!キッチンをリノベーションする注意点とは

公開日:2023/03/15  最終更新日:2023/04/21


パントリーとは食料品・家電などを保管するスペースです。キッチンはいろいろなものを置く必要があるため、収納が足りなくなることもあるでしょう。そこで活用できるのがパントリーです。単に収納として活用することも可能ですが、来客に見えない収納としても活用できます。パントリーが欲しい方に向け、メリットや注意点を解説します。

実績豊富なおススメ業者「詳細はこちら」

パントリーの種類

パントリーの種類は主に3つです。壁付けタイプ・ウォークインタイプ・ウォークスルータイプがあります。それぞれ特徴が異なるため、間取りや使い勝手に合った種類のパントリーを設置するとよいでしょう。

壁面を収納にする壁付けタイプ

壁面を収納にするのは壁付けタイプのパントリーです。キッチンのすぐそばに設置可能で、料理をしながら必要なものをさっと取り出すことができます。「料理をしながらすぐに取り出したい」「ストックを頻繁に確認できるようにしたい」という方は、壁付けタイプのパントリーがおすすめです。

ただし、壁付けタイプは収納力が低い点がデメリットとなります。思いついたものを何でも収納するのではなく、必要なものを必要なだけ収納しなければすぐにいっぱいになってしまうことに注意しましょう。

小部屋を丸ごと収納にするウォークインタイプ

小部屋を丸ごと収納にするのがウォークインタイプのパントリーです。入口は一つだけで、ある程度収納スペースが広いことが特徴です。壁付けタイプには入らないような家電や大きな調理器具も、ウォークインタイプなら余裕をもって収納できるでしょう。頻繁に使わないような家電があれば、ここに収納するのもおすすめです。

出入口が2つあるウォークスルータイプ

出入口が2つあるのがウォークスルータイプのパントリーです。たとえばキッチンからパントリー、パントリーから洗面室へと移動できます。「水回りで必要なストックを1か所にまとめたい!」という要望があれば、ウォークスルータイプのパントリーがおすすめです。

パントリーは本当に必要?

パントリーは、収納が足りない人には必要なスペースです。とはいえ、パントリーの種類によってはメリット・デメリットの両方があります。

そのため「絶対に○○タイプのパントリーが必要!」とは言い切れません。パントリーのメリットとデメリットを踏まえ、ライフスタイルと照らし合わせながら必要か必要でないかを考えてみましょう。

パントリーをリノベーションするメリット

「それでも本当に必要かどうか分からない…」「私は必要だと思うけど家族がOKを出さない」という方のために、今一度パントリーをリノベーションするメリットについて解説します。

収納が増える

今の時代、生活に必要な分でなく災害に対する備えも必要です。食料品や日用品をたっぷりと収納できるパントリーがあれば、通常の生活分も非常用も保管できるでしょう。

ストックを把握しやすい

「備え付けの収納スペースがあるから大丈夫!」と思っていても、収納スペースが点在しているとストックの管理ができていないことがよくあります。また、一つひとつの収納が狭いと「キッチンの収納がいっぱいだからこっちの収納に移したのを忘れていた」とうっかり無駄な買い物をしてしまうこともあるでしょう。無駄な買い物を減らせるのもパントリーのメリットです。

キッチンに物がなく掃除がしやすい

キッチンの作業スペースに調味料や家電を置きっぱなしにしている方もいるでしょう。そうなると物があふれて生活感が出てしまうほか、掃除もやりにくいです。キッチンは油汚れしやすい場所のため、置きっぱなしになるとベタベタになってしまいます。しかし、パントリーに収納してしまえば物がなくなり、掃除もしやすくなります。

パントリーをリノベーションするときの注意点

パントリーの種類などを間違うと、便利どころか不便なパントリーになってしまいます。家事や生活を楽にするパントリーが欲しいのであれば、以下のポイントに注意してください。

奥行と可動性

せっかくパントリーを設置しても奥行きがありすぎてかえって収納しづらかったり、サイズの調整ができず限られたものしか収納できなくなったりすることもあります。「何を収納するのか」を考えながら、今後どのようなものを収納する可能性があるかも含めてパントリーのサイズを選びましょう。

コンセントは確保できるか

ウォークインタイプやウォークスルータイプのパントリーは、単に収納できる小部屋として活用してもよいです。しかし、電式の家電を保管しておきたいのであればコンセントがあると便利になるでしょう。使わないときに充電しておけば、使いたいときにすぐ稼働できます。コンセントがなければリノベーション時に作るか、コンセントがある場合は収納棚などでコンセントを隠してしまわないよう配置に注意しましょう。

まとめ

パントリーに憧れる方のために、種類の特徴からメリット、注意点までを解説しました。キッチンや洗面の収納に満足していなかったり、ストックの管理が甘かったりする方にはパントリーの設置がおすすめです。しかし、タイプによってはかえって不便になることもあるため、パントリーの種類に注意して選びましょう。「本当に必要かな?」と迷っている方は、今一度メリットとデメリットについて考え、パントリーのある生活を想像してみてください。そうすれば、本当に必要かどうかが分かるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

マンションリノベーションでは、間取りを変更できる魅力的なアイデアが豊富ですが、注意も必要です。スペースの最大限の活用や機能性の向上を図りつつ、建築基準法や隣人との配慮も忘れずに。本記事では、
続きを読む
マンションリノベーションにおける魅力的なソリューションとして注目を集めているのが、自然素材の活用です。無垢材、竹などの天然素材は、空間に温かみと豊かな質感をもたらし、快適な居住環境を演出しま
続きを読む
マンションのバルコニーやベランダは、私たちの生活空間の一部として大切な場所です。リノベーションでバルコニーやベランダをより快適で機能的にできますが、メリットやデメリット、さらには注意点も存在
続きを読む