リノベーションの施工期間は長い?スムーズに工事を進めるには?

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/12/03

リノベーションは予定が狂いやすいためリノベーションの準備や計画をせずに工事を始めてしまうと工事期間中の住まいや予算、スケジュールに大きな狂いが生じます。そこで今回はリノベーションの施工期間と工事をスムーズに進める方法を紹介します。また工事期間中の住まいについても解説しているので見てみてください。

リノベーションの工事にかかる時間

リノベーションにかかる主な期間は4~5か月とされています。しかしこれは建物を丸ごと刷新する場合の時間で、簡易的なリフォームや部分的なものであれば1~2週間あれば施工が終了します。

簡易的なリフォームの場合、施工場所は利用できないものの、元の家に住むことができる場合があります。ですが建物丸ごと刷新する場合はとても住むことはできませんので、工事期間中の家を探す必要があります。では工事期間中の家はどうしたらよいのでしょうか。次の見出しで解説します。

工事期間中の住まいは?

工事期間中の住まいはどうしたらよいのでしょうか?実家に帰れるならそれまでですが、そうはいかない方が多いのですよね。結論そういった方は「仮住まい」に住むことになります。

しかし仮住まいは住むのが難しかったり、別途で費用がかかったりしてしまいます。そこでこの見出しでは仮住まいに住むのが難しい理由と、仮住まいの主な例、仮住まいの費用の抑え方について紹介していきます

仮住まいが難しい理由はどこに?

一般的な住居の契約は年単位で行うことが多いですが、仮住まいの場合はリノベーションが終わり次第元の家に戻るわけですからそうはいきませんね。短い期間で出入りされると管理者側は負担が大きくなるため好まれません。

またペットを飼っている場合は、通常家を探すのにも苦労するため「仮住まいでペット可」なんて物件を探すのはとても大変なことが分かるでしょう。また火災保険などの保険も年単位であることが多く、途中解約ができないためリノベーションが34か月の場合は微妙な契約が残ることになりかねません。

このような理由が、仮住まいが難しいとされる所以です。

仮住まいができる場所の例

ホテル
数日間の利用でしたら、最も安く利用できるのがホテルです。また水回りのリノベーションで水道が使えない場合にもホテルがおすすめ。必要な家具がそろっており掃除や火災保険の契約なども必要ありません。

ウィークリーマンション
ウィークリーマンションはその名の通り週単位で契約ができるマンションを指します。火災保険などの保険も不要なためリノベーション中の仮住まいには最適です。しかしウィークリーマンションは1LDKの場合が多く単身者向けという側面もあります。家族が多く、長期的な滞在が必要な場合は費用がかさむかもしれません。

仮住まいの費用の抑え方

仮住まいの費用を抑えたい場合はまず「リフォーム期間を短くする」のが一番です。建物を丸ごと刷新する場合は厳しいかもしれませんが、部分的なリフォームなら可能な場合があります。追加料金が発生するかもしれませんが、仮住まいにかかる費用と照らし合わせて調整するとよいでしょう。

また「工務店の紹介に頼る」のもおすすめです。親切な工務店ではリノベーションの間に住む仮住まいを紹介してくれることがあります。そのような物件は条件がよいものが多いので自分で見つけるよりも効率がよいかもしれません。

他に安くする方法として、地域密着型の不動産屋を利用する方法もあります。地域密着型の不動産屋は賃貸の条件に融通が効くことが多く上手くいけば費用が安い物件を紹介してくれます。

工事期間中の大まかなスケジュール・施工の流れ

リノベーションの基本的なスケジュールはおおまかに以下のような形です。

リノベーションのプラン作成

施工を開始

仮設工事、解体工事

工事

最終修正

引渡し

これ以外にも中古マンションを購入し、リノベーションを行う場合には、中古マンション選びやローンの申し込み、中古マンションの引き渡しなどが追加されます。

またリノベーションを行う際の会社選びも重要です。無料相談会やインターネットを駆使して情報収集を行い、いくつかの会社を比較検討するとよいでしょう。また見積もりの金額を提示してもらい参考資料にするものおすすめです。

リノベーション工事をスムーズに進めるには

大まかなスケジュールを前の見出しで紹介しましたが、リノベーションが完璧に期間通り終わることは滅多にないといえます。リノベーションは素材の調達や天候に左右されるケースが多くスケジュールが狂いやすいのです。

そのためリノベーションをスムーズに進めるためには、自分たちで手早く終わらせられるのもはやっておくことが大切です。たとえばリノベーション後の具体的なイメージを用意しておく、予算をある程度把握する、転居に合わせて準備を済ませておくなどです。

また物件選びやスケジュール、プランなどは逐一専門家に相談することも大切です。分からないことが合ったらすぐに相談できるような手厚い施工会社を選んでおくのもリノベーションをスムーズに進めるうえで大切な要素といえるでしょう。

 

今回はリノベーションの際の施工期間や、施工期間中の住まいについて解説しました。リノベーションの施工期間を短くするためには、工事期間を短く調整し、自分たちでできることはやっておくことが大切です。理想の住まいにいち早く住めるようにしっかり準備をしてリノベーションは行いたいですね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

マンションに住んでいて、火災が発生したらどうなるのか心配に思っている方もいるのではないでしょうか。マンションで火災が起こると逃げ遅れなど特有のリスクがあるため、住む側も必ず対策を考えておく必
続きを読む
リノベーションは既存の物件に新しい機能や価値を付加でき、ライフスタイルに合った住まいづくりが実現できます。マンションで生活していくうちに、リノベーションを検討している人もいるのではないでしょ
続きを読む
高齢になると住まいの中の小さな段差も不便に感じ、リノベーションを検討する方は多いです。今回は、マンションのバリアフリー化やバリアフリーのためのマンション選びで確認したいことをまとめました。快
続きを読む